ズーム撃ちと振り向き撃ち

今回は、ズーム撃ちと振り向き撃ちを紹介します。

個人的には、どちらも使用頻度は少な目ですが、知っておいて損はないと思いますので、こんなテクニックもあるんだ程度に覚えておいて下さい。

  1. ズーム撃ち
  2. 振り向き撃ち

ズーム撃ち

銃を構えた状態で、「R3」を押すとズームモードになります。

ズーム撃ち

ズーム撃ちは、視界が1段階ズームアップされるだけでなく、集弾率が大幅に向上するため、射撃精度が上がります。中~遠距離戦で効果を発揮します。また、ローリング中に「R3」を押すことで、ローリング直後にズームモードからスタートさせることも可能です。

ズームモードは、もう一度「R3」を押す及び「L2」を離すと解除されますが、「R1」でカバー状態に入っている時のみ、カバー状態を解除するまでズームモードは維持されます。

但し、「スナイパー系」「ショットガン系」「爆弾系」の武器では使えません。また、ズームモード中は走り撃ちができません。

参考:遠距離は「走り撃ち」or「ズーム撃ち」どっち派ですか?

振り向き撃ち

銃を構えていない状態で「R3」を長押しすると、背後視点に切り替わります。その際、「L2+R2」で振り向き撃ちが可能です。

振り向き

通常の「R3」を使ったアングル操作よりも早く後ろを向くことができますから、背後を取られた時に使うと便利です。

最後に

ズーム撃ちは走り撃ちができなくなる欠点もありますが、中~遠距離戦では効果が大きいですから、是非覚えて下さい。

振り向き撃ちは使えるテクニックなのですが、上級者に背後を取られたら、振り向く前にキルされることがほとんどです。

ただ、最後の悪あがきとして、振り向き撃ちヘッドショットを狙えばキルできることもありますから、知っておくと便利なテクニックです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ズーム撃ちと振り向き撃ち」への11件のフィードバック

  1. すくい撃ちで質問なんですが、
    動画等を見てるいと、相手の先ローリング、こちらの先出しローリング後の相手の後ローリング等で、そのままエイムが吸い付いて、と言えばいいでしょうか、そのままエイムが継続されてる感じで上手くヘッドでキルしていますが、その状態の事ですよね?
    それの方法が、相手のローリング前から射撃し、相手がローリングしたと同時に射撃を継続しながら再ロック、で、あのような動画(すくい撃ち)になっていると言う解釈で間違いないでしょうか
    詳しく教えて頂けたら幸いです

  2. 度々申し訳ないです
    もしくは、すくい撃ちの方法としまして
    こちらの先出しローリング、相手先出しローリング等の状況で、例えば相手ローリング中にL2押しながら左右どちらか?のスティックを、これまた上下どちらかわかりませんが、どちらかのスティックを瞬時に上下どちらかに倒すことによってあの様な相手ローリング立ち上がり途中?からもエイムが吸い付いた状態になるんでしょうか?
    自分はすくい撃ちとはフリーエイムでのローリングキルだとは認識してないので、相手ローリング中?からも吸い付いてついていってる様なあのエイム方法を詳しく知りたいと思いまして
    今はよく分からずたまになってる感じで、操作方法としてはどうしたらなるのかなと
    それができれば確かにかなりの確率でダメ元成功できると自分も思います

    1. 下記動画の2分40秒あたりのテクニックのことですよね?

      すくい撃ちは質問者さんのやり方で間違いありません。「R2」を押したまま「L2」を押し直して「再ロック」することで、ローリング中の敵をロックすることができます。後はそのままエイムを上にずらすことで、相手が射撃可能になるまでの硬直にHSを入れることができます。僕は感覚でプレイしているのですが、慣れてコツを掴めばそこまで難しいテクニックではありません。

      但し、相手がローリングを開始した時点で射撃していること前提です。完全にローリングのタイミングを合わせられたら使えません(上手くなれば対複数戦以外でこの様な状況はあまり起きません)。

      ローリングキルについて書いた記事と、ローリングキルのコツに参考になる回答がありますので、よければ一度読んで下さい。

      参考:ローリングキル
      参考:nmatsudaさんのコメント

  3. 回答ありがとうございます!
    随所でされておられますが、ハッキリわかりやすかったのは2分45秒辺りの車両基地でのテクニックです
    まだ参考を拝見させて頂く前に慌てて(笑)コメントさせて頂いておりますが、先出しローリングの、相手後ローリングでも可能みたいですが、その場合は自分がローリング前にR2で射撃していた場合のみ、そのままR2押しながらローリング中?後?即座にL2再ロックであのすくい撃ちになる感じでしょうか?
    説明書きにくく申し訳ありません
    早速参考拝見させて頂きますね(^^)

  4. 参考、管理人さんの説明何度も拝見させて頂きました(^^)
    何度も同じような事の繰り返しで大変申し訳ありませんm(_ _)m
    先出しローリングでのすくい撃ちにおいて、相手後出しローリングで狙う場合、一発でも先に射撃状態からの再ロックですくい撃ちとなる感じなんですね
    あの間合いといいますか遅れのタイミングでのテクニックになる為と言った感じなんですね(^^)

    1. はい。質問者さんの解釈であっています。

      あれより短い間隔でローリングを合わせられると使えません。また、距離にも影響されるのですが、近距離では再ロックが間に合いません。中距離は成功しやすいです。遠距離は削ることができます。

      再ロックのタイミングは感覚で覚えてもらえるとうれしいです。慣れればそこまで難しくありません。但し、再ロックに成功しても確実にキルできるとは限りません。

  5. 何度も丁寧な対応感謝致しますm(_ _)m

    はい、後は練習して自分の反応と指が動いてくれるかですね(^^)
    慣れて1キルでも多く成功出来るようにしたいと思います(^^)

  6. お疲れ様です

    すくい撃ちする場合なんですが
    照準感度MAXの方が早いであったりやりやすいと言った違いはあるのでしょうか?
    あくまでフリーエイムでの照準感度になると思うので、そのあたりは実際すくい撃ちする場合にあたりどうなのかなと思いまして。
    後、すくい撃ちする場合、ただ単に最ロックだけなのか、スティックをどちらかと言うと上、等に瞬間的に倒した方がローリングキルになりやすい感じであるとかはありますでしょうか?
    こちらも御回答頂けますと幸いです(^^)

    1. 僕は普段照準感度を高目~MAXでプレイしているので、あまり参考にならないかもしれませんが、分かっていることを書いておきます。

      まず、感度をゼロにすると違いが分かりやすいのですが、照準感度は「ローリング中及び構えた状態でのカメラ感度」にも影響しますので、感度によってカメラワーク(クリアリング)にかなり差がでます。ガチ勢の場合、基本は高目~MAXです。

      すくい撃ちについては、再ロックが決まっている状態かつエイムがずれていなければ感度による違いはないと認識していますが、再ロック後にフリーエイムが混じることも多々あるため、高目~MAXの方が成功率は上がります。感度が低いとフリーエイムでのエイムずらしが遅すぎて、すくい撃ちのHSが間に合いません。

      右スティックは上に入れるのが基本です。再ロック後に上に入れて下さい。敵がローリングから起き上がるところをすくう様な感覚です。普段のHS同様、敵の距離によってずらす幅が異なりますから、実戦で覚えるしかありません。

      よければ、ローリングキルのコメントも参考にして下さい。

      参考:nmatsudaさんのコメント

  7. 質問者さんへ
    多分すくい打ちは、オートエイムを外してR2だけにして相手に合せて、L2押すんですが、もっと簡単にかつ正確にやる方法は、R2だけにして相手に合せて、L2押しながら自分でフリーエイムの状態で合せにいくのも一理あると思いますよ

    1. そうですね。

      すくい撃ちには、操作方法も大事なのですが、実戦で感覚を掴むことが一番大事だと思います。とにかく、射撃しながら相手のローリングにエイムが吸い付く感覚を覚えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。