カメラワーク(クリアリング)

敵が隠れている。もしくは出てくるかもしれない場所を確認することを「クリアリング」と呼びます。この手のゲームでは基本中の基本かつ非常に重要な操作なので必ず覚えて下さい。

クリアリングの重要性

説明するより、下記の画像を見てもらった方が早いですね。

クリアリング

コーナーを飛び出す際にローリングしてしまうのは、「クリアリングができていない」⇒「コーナーの向こう側の情報がほとんどない」⇒「不安だからとりあえずローリングして飛び出す」こんな感じじゃないでしょうか?

ところが、同じ位置でも「右スティック」を使って画面の視点をずらすだけで、飛び出す前にコーナーの向こう側の情報を得ることができます。

この状態なら、コーナーの向こう側にいる敵の行動が分かりますから、先にローリングして飛び出すなんてことはまずしないと思います。最初からヘッドショットを狙えますし、敵が先にローリングしてくれたら、すかさずローリングを合わせて、再度有利に攻めることができます。

コーナー付近は「右スティック」のクリアリングを最優先させて下さい。

下記の動画が参考になると思います。

最後に

クリアリングはテクニックと言うより、基本操作です。

時計回りの時は、ローリングした方が有利になるパターンもありますが、基本はローリングよりヘッドショット(HS)を狙うべきです。また、クリアリングを意識することによって、自然とコーナーをローリングで飛び出す回数は減るはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

9 件のコメント

  • このクリアリング動画は
    PS4だからでは?w

    ボタン割り当てを変えれば簡単にできますよ
    PS3では無理ですが…

    • なるちょさんの仰る通りですね。

      PS3でこのカメラワークはモンハン持ちじゃないと無理だと思いますが、PS4ではボタン配置の自由がきくみたいなので、走るボタンをRにもっていけば可能ですね。記事の方も誤解のない様に修正しておきますね。

      ただ、カメラワークは凄く丁寧で上手いですから参考になるはずです。

    • 上手いですよね。

      僕は通常持ちなのでもっとカクカクです・・・。

  • ガチ勢ルールでクリアリングを使ったらルール破ったとか言われてロケランとか使われました ガチ勢ルールではダメなのでしょうか

    • そんなことはありません!!!!!

      カメラワーク(クリアリング)は基本中の基本。ガチ勢でできないプレイヤーなんていません。できなきゃ勝てません。

      それは野良によくいる「なんちゃってガチ勢」です。自分が負ける及び都合が悪くなると、なんでも壁待ち、壁逃げと言い出します。ロケランを使うなんて論外です。

    • 僕は普通もちがメインで、時々モンハン持ちだったのですが、モンハン持ちの方がクリアリングの面において優秀なのは間違いありません。慣れるまでに少し時間がかかりますが、やる価値は十分ありますよね。

      ただ、長時間プレイしていると普通持ちよりも疲れます・・・。

  • FPS でのクリアリングはエイム(照準を覗く)をしながら物陰から頭を出します。ゆっくり出してしまうと敵に先に気づかれてしまい“頭”を撃たれてしまうことが多いです。ゆっくりではなく“素早く”出すことをオススメします。もし敵が居た場合、0.1秒で反応する“気持ち”でいてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。