防弾ヘルメットが嫌ならホストが待機中に除外しよう

野良のデスマッチで防弾ヘルメットが嫌なら、この方法が安定です。

一番人気のあるステージ「政府機関」なら、平日のゴールデンタイムや休日なら簡単にプレイヤーが集まります。ですから、ホストは待機中に防弾ヘルメットを被っているプレイヤーを除外してしまいましょう。再度募集をかければいいだけです。

被っているかどうかは、「参加中のプレイヤー」から確認できます。

残念ながら、「防弾ヘルメットを脱いで下さい」なんて言っても無駄です。脱がないプレイヤーは必ずいます。防弾ヘルメットプレイヤーがいる時点でランチャーや爆発物も必ず飛んできます。

また、「裏世界」に行くゴミプレイヤーは9割方防弾ヘルメットを被っているので、「裏世界」防止対策にもなります。

ちなみに、野良デスマッチの防弾ヘルメットプレイヤーの割合は、「なし:あり=7:3」ぐらいです(あくまで体感)。防弾ヘルメットを嫌っているプレイヤーの方が多い気がします。

もちろん、なんでもありでやりたいなら構いません。

ただ、試合中にVCで文句を言うぐらいなら、開始前に除外して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。