デスマッチの基本は味方と一緒に固まって行動すること

決して強制している訳ではありません。どんな立ち回りをしようが個人の自由です。それを踏まえた上で「こんな立ち回りもあるんだ」程度に読んで下さい。

味方と一緒に固まって行動しよう

ステージにもよりますが、開幕の銃撃戦は「削り合いから距離を詰めつつヘッドショット(HS)勝負」になるのが基本です。そのため、開幕戦は突撃するプレイヤーが多いほど有利です。人数が少ないと、削り合い勝負の時点で負けてしまうからです。

もちろん、裏をかいて回り込むのもありですが、その間に仲間がやられてしまっては意味がありません。個人的には、開幕はみんなで突撃して撃ち合うべきです。

また、味方と固まって行動することで「生存率」が大幅に上がります。

中距離以遠の削り合い勝負では、人数の多い方が圧倒的に有利です。先にローリングしても、その間に味方が敵をキルしてくれる可能性があります。お互いにカバーし合あうことができます。

味方が固まっていることで、敵がリスポーンする位置が大体予測できるという点も大きなメリットです。味方が散らばっていると、敵が目の前や真後ろにリスポーンすることもあるからです。

敵の位置が分からない時は、できるだけ味方と合流できる様に行動しましょう。

但し、なんでもありルールの際は注意が必要です。

開幕全員揃って爆殺されるなんてこともあるので、野良の方はホストの説明をしっかり聞いて下さい。何の説明もなければ、なんでもありルールだと思った方が賢明です。

最後に

敵の強さにもよりますが、個人プレイには限界があります。

特に、上級者相手には味方同士の連携がなければ勝てません。ある程度上手くなったら、味方と連携をとって攻めることを意識しましょう。

もちろん、裏取りすることも大切ですが、裏取りは時間がかかりますから、自分のリス位置及び味方の位置を確認しながら判断して下さい。

但し、ガチ勢ルールでは仲間待ちの合流は禁止されているのでやらないで下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。