ローリングは先に出したら負け

ローリングの性能とローリングを先に出すと不利になる理由を説明します。

ローリングについて

ローリングの性能

使い方は、銃を装備した状態で「L2(構える)+(ジャンプ)」です。

この際、「左スティック」を入れれば好きな方向にローリングすることができます。また、ローリング中に軌道修正も可能です。基本的には、「L2(構える)」を押した状態から、「(ジャンプ)」を押すのが一般的な使い方です。ローリングの性能は下記の通りです。

ローリングの性能
  1. 敵のロックを外すことができる。
  2. ローリング中は敵にオートエイムされにくい。
  3. ローリング中も敵に照準を合わせることができる。
  4. 再使用までディレイがある。

ちなみに、ローリングの再使用時間はスタッツのスキル「射撃」に依存します。

初期状態では3秒に1回、MAXで2秒に1回使える様になります。

ローリングを先に出すと負ける理由

ローリングで一番有利になるのは、ローリング直後の射撃です。

理由は先程書いた通り、「ローリング中は敵にオートエイムされにくい(ローリング後は先にオートエイムできる)」「ローリング中も照準を合わせることができる(時間に余裕があるのでヘッドショットを狙いやすい)」からです。

基本的には、ローリング直後の射撃を当てることができれば勝ちです。

ですが、「自分が先にローリング」⇒「相手がすかさずローリング」という流れでは、こちらの一番有利なローリング直後の射撃をローリングで避けられてしまいます。

必然的に、相手の一番有利なローリング直後の攻撃を受けることになります。また、削り合いでも被弾が多くなってしまいます。

これが先にローリングを出すと負けてしまう理由です。

最後に

相手のライフが少ない及びヘッドショットをミスしてくれた場合は、先にローリングしても勝てることはあります。ただ、先に出せば確実に不利になることは覚えておきましょう。

もし、先にローリングしてしまったら、再度同じタイミングでローリングすることだけは絶対しないで下さい。とにかく、「ローリングせずにヘッドショットを狙う」「走り撃ちで遮蔽物を利用して一度態勢を立て直す」等して下さい。そうでもしないと、不利な状況は覆りません。

状況によっては、ローリングキルというテクニックが使えるので参考にしてみて下さい。

ローリングキル(すくい撃ち)のやり方

2015.02.17
スポンサーリンク
スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 先ローリングしたら負けは相当昔の考えですな。俺はぜんぜん勝てると思うけどな~

    • ローリングキル及びすくい撃ちである程度先ローリングでも勝つことはできますが、先ローリングが不利なのは変わらないと思います。

      特に、すくい撃ちができず、フリーエイムのローリングキルになる近距離では先にローリングを出してしまうと勝ち目は低くなります。削り合い勝負の遠距離戦でも、先ローリングで完全にローリングを合わせられると勝ち目は低くなります。

      先ローリングで勝つには、距離と相手のローリングのタイミングもかなり影響してくるのではないでしょうか。

  • 先ロリしても勝てることありますよ…といって「どうせロリキル(すくい撃ち)だろ?」と思った方は、違うんだな!
    流れは…自分は先ロリして相手もローリングは当然します、自分は起き上がって、相手も起き上がろうとしたら自分は、再エイム→ヘッドショット!
    (説明下手ですいません(汗)
    でも不利には変わりはないですね(汗)。。。

    • 情報ありがとうございます。

      すくい撃ちは「再ロックからHS」ですが、Reea_0521-Noelさんのテクニックは「再エイムからHS」ということですね。先に射撃しているかどうかの違いだと思います。

      すくい撃ちができる状況なら、ラッキーロリキルが決まる可能性のあるすくい撃ちがベストだと思いますが、すくい撃ちが使えない状況ではReea_0521-Noelさんのテクニックもありなのかもしれません。ただ、すくい撃ちが使えないぐらい完全にローリングを合わせられるのは、ローリングの使い方に少し問題があるのかもしれません。

      有益な情報を頂いたのに、検証できなくて申し訳ありません。

    • この方法、自分でやり始めた方法です…他にやってたかたはすいません…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。