走り撃ちのやり方(HS狙い編)

今回紹介するテクニックは、「走り撃ちヘッドショット(HS)」です。

但し、あくまで通常持ちでプレイしている僕のやり方です。もっとお勧めの操作方法があるかもしれません(恐らくやり方は何通りもある)。もし、アドバイス等あれば、コメントとして頂けるとうれしいです。

  1. 走り撃ちHSの操作方法
  2. エイムの調整
  3. モンハン持ち

走り撃ちHSの操作方法

基本的に一度押したボタンは全て押しっぱなしです。但し、親指で操作する「R3」と「×」は、片方を操作している間、もう一方は無操作です。

操作方法の「+」は同時押し。「」はずらし押し。

慣れると、全ての操作を同時に行っている様な感覚になります。

また、一番よくあるパターン「ダッシュ中から走り撃ちHSを狙う」場合は、最初に「×」を押す必要はありません。

※「L3」は移動方向に入れます。「R3」はHSのエイム調整です(押し込みのズーム撃ちではない)。「×」を離している時間が長いと歩き撃ちになってしまうので、「R3」と「×」の操作はできるだけ速く行って下さい。

エイムをヘッドに合わせてから射撃ボタンを押す方法

  1. L2+L3(+×) → R3 → R2+×

メリットは、一発目のHS精度が高いことです。デメリットは、「R3」の操作が遅れると射撃が遅れることです。

連射のできないピストルはこちらの操作方法がお勧め。

射撃ボタンを押してからエイムをヘッドに合わせる方法

  1. L2+L3(+×) → R2 → R3 → ×

メリットは、構えてから最速で射撃できることです。デメリットは、カメラアングルやターゲットの位置によって、最初の一発目が外れやすいことです(一発目のHS精度が落ちる)。

ローリングからの操作方法

  1. L2+L3+ → (L2+)R3 → R2+×

※「」ボタンは一度押したら離して下さい。

ローリング開始~射撃可能になるまでの間に「R3」でエイムをヘッドの位置に合わせ、ローリング直後は最速でHSを狙って下さい。

オートエイムのアシスト機能が切れそうな時は、ローリング開始時に「L2」を押し直して再ロックして下さい。この際、「R2」を押した状態で再ロックすると、照準カーソルが一度消えてしまうので、できれば再ロックする際は一度「R2」を離すことをお勧めします。

エイムの調整

構える「L2」+移動方向「L3」を入れた状態で、「×」ボタンを一度押すと、「×」ボタンを離しても「約1秒間」走り撃ちは継続されます。

つまり、右手の親指で「R3」と「×」ボタンを交互に操作することで、走り撃ちを継続させたままエイムの調整が可能になります。

モンハン持ち

上級者でこの持ち方をしているプレイヤーは結構います。

モンハン持ちのメリットは、「走り撃ちしながら常ににエイムの調整ができる」「カメラワーク(クリアリング)が滑らかになる」ことです。

但し、操作が難しく、人差し指の操作が「×」ボタン連打になるため、慣れないときついです。また、この操作方法をとるなら、スタートメニューのオプション「操作タイプ」を「アドバンス」にして下さい。

最後に

同時押し及びずらし押しは自分でやりやすい様にアレンジして下さい。

但し、構える「L2」とエイム調整「R3」を同時に操作すると、エイムが胸に戻ってしまいます。ほぼ同時でも構わないのですが、必ず「L2」を押してから「R3」でHSの位置にエイムをずらして下さい。

ちなみに、僕はどちらも使いますが、基本は射撃ボタンを押してからエイムをずらしています。ただ、僕のフレンドはエイムをヘッドの位置にずらしてから射撃する操作方法をとっている方が圧倒的に多かったです。

突き詰めると必ず差は出てくると思いますが、野良レベルではどちらの操作方法でも十分戦えますので、操作しやすい方でプレイして下さい。

最後に、今回紹介した「走り撃ちHS」は、HSができること前提のテクニックです(構えたと同時にHSができるぐらいの腕が必要)。

HSがうまくできない方は、まずはHSの練習から始めて下さい。

参考:ヘッドショット(HS)がうまくなるコツと設定

後は練習と実戦あるのみです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。