手榴弾・粘着爆弾・近接地雷の性能と特徴

爆弾系の武器は、野良のデスマッチでも嫌がられることが多いです。

無暗に撒き散らすと戦場が荒れますから、個人的にもあまり好きではありません。ですが、建物上で芋っているプレイヤーや、防弾ヘルメットで芋っているプレイヤーには、容赦なく使うべきだと僕は思っています。

そもそも、爆弾なしルールにするなら、「芋り」と「防弾ヘルメット」はなしにしないとバランスがおかしくなりますしね。

まぁ、これについては議論しても並行線を辿るだけですから、使うかどうかは、「ホストのルールに従う及び空気を読んで」ご自身で判断して下さい。

今回は各種爆弾の性能と特徴を紹介します。

  1. 基本的な使い方
  2. 手榴弾
  3. 粘着爆弾
  4. 近接地雷

スポンサーリンク

基本的な使い方

基本的な使い方はどれも同じです。

足元に置きたい時(設置)は「R2」、投擲は「L2」で構えて「R2」です。距離は短いですが、オートエイムも可能です。また、射撃する及び燃やせば爆発します。自爆も可能です。

基本的には一発でキルできますが、ブルーシャーク中でライフが全快+ボディアーマーを装着している場合は耐えることもあります。

また、粘着爆弾及び近接地雷は、味方プレイヤー以外どこにでも貼り付けることができます(敵プレイヤーは背中のみ貼り付けることが可能)。

但し、同時に5つまでしか設置することができません。6つ目を設置しようとすると、最初に設置した爆弾は消えます。

ちなみに、落とす及び投擲時の位置ばれ率は高いですが、設置及び起爆時の位置ばれはありません。

手榴弾

R2」を押してから、「約5秒後」に爆発します。

R2」を押した時点でピンを引き抜きますが、「R2」を押している間は手元で維持できます。「R2」を離した時に足元に落とす及び投擲しますから、爆発させるタイミングは調整できます。また、地面に落ちると転がります。

ピンを抜いた状態なら、キルされても手榴弾は消えません。時間が経てば爆発しますから、イタチの最後っ屁が可能です。スコアにも反映されます。

粘着爆弾

手榴弾との大きな違いは、起爆のタイミングを任意に操作できる点です。

落とす(設置)及び投擲までの操作は手榴弾と同じですが、起爆は十字キーの「」で行います。好きな時に起爆させることが可能です。

キルされると設置していた粘着爆弾は消えてしまいますが、キルされてから「約1秒間」は起爆させることが可能です。スコアにも反映されます。

粘着爆弾を起爆する前にキルされた場合は、すぐに「」を押して下さい。

近接地雷

設置及び投擲までの操作は粘着爆弾と同じです。

但し、任意に起爆させることはできません。近接地雷にプレイヤーが近づくと自動で起爆スイッチが入り、「約2秒後」に爆発します。ダメージは若干低め。基本的には一発ですが、ブルーシャーク中なら耐えることができます。

ちなみに、キルされても設置していた近接地雷は消えません。

もちろん、キルされる前に設置した近接地雷で敵をキルすることも可能です。また、本来キルできないはずの味方もキルできます。但し、どちらもスコアには反映されません。「○○が死亡した」というログが流れます。

最後に

個人的には、「粘着爆弾」が一番使い勝手がいいと思います。

ただ、無暗に使いすぎると味方にも迷惑がかかります(照準がずれる・画面が見辛くなる)から、やりすぎはお勧めしません。ボンバーマンだらけになりますし、ロケラン合戦にもなり兼ねませんからね・・・。

もちろん、負ければ赤字は確実です。

とは言え、「近接地雷」は裏世界や芋り防止用に使うこともできますから、あまりにもひどい場合は設置しておくのもありだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「手榴弾・粘着爆弾・近接地雷の性能と特徴」への5件のフィードバック

    1. プレイヤーの背中に着けられるのは、フィールドのみ可能で、デスマッチ中とパッシブプレイヤーには不可能だと認識していました。後日もう一度検証し直して、確認できましたら記事の方も修正しますね。

      情報ありがとうございます。

    2. 検証が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

      匿名さんの仰る通り、デスマッチ中も粘着爆弾と近接地雷を敵プレイヤーの背中に貼り付けることが可能でした(味方には不可)。

      記事も修正しておきます。
      情報提供して下さって本当にありがとうございます。

  1. 誤字を発見しました。
    「見方」ではなく「味方」ですね。
    訂正してください。
    記事、参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。